仕事

会社で働く理由ってなんですか?

会社で働く理由ってなんですか?

こんにちは、
ラクガキブログのコスダです。

今回は「会社で働く理由ってなんですか?」というお話です。

僕が考える、わざわざ会社で働く理由は
「自分の目的やスキルを身につけるために、利用することが出来るから」です。

お金の為だけだったら、もっと全然効率のよい仕事があります。

基本的に「会社で働くというのは、自分の時間を売っているだけ」で、あなたの給与はその仕事に対価を払われているのではなく、労働の対価に時間を買い取られている状態です。

なぜそうかというと、

  1. 色々なポジションに就かされ、平均的に何もでも出来るようにさせる。
  2. 仕事の難易度に関わらず、給料は大抵は役職とか年齢のレンジによって金額が決まる。

というように、なるべくパーツとして機能するような人員を作ろうとしてるのが証拠
このような社員であれば、バイトと同じ考え方で運用できます。

替えがきくパーツ社員を育成し人事制度というルールでコントロール、
定年まで勤めあげれば、退職金がもらえて「幸せな老後」という状態に突入できるというエサを吊るして、走りきらせるというストーリーです。

しかし、終身雇用制が崩壊し40歳で定年というのが今の現実なので、役員レベルまで出世できる適正の高い人以外は「幸せな老後」というのはなくなりました。

つまり、正社員と呼ばれる人たちも実は契約社員、またはアルバイトと同じ「少々時給の高い、ただの時間労働=時間を売っているだけ」という境遇にいます。

会社で出世は無意味、スキルを身につけるために利用しよう

「会社は利用しましょう」というお話ですがまず、
社内出世は無意味ということを肝に命じてください。

結果的に出世するのはいいですが、それを目的にするのはマジで無意味。
会社勤めに保証も何もないし、役職ついて5万、10万給料が上がったところで人生的には何の影響もないです。

稼げるスキルを身につければ、5万、10万は一瞬で稼げます。

じゃあ会社で何すりゃいいの?
というのが重要なところですが、ポイントは。

自分がその会社から外に出た場合に、自分自身に価値がついてそこでお金が発生するようなスキルを率先して、最短で身に着けることを目的としてください。

具体的にオススメスキルを書きます。

  1. デザイン(Web、紙問わず)
  2. プログラム(バックエンド、フロントエンド問わず)
  3. Webディレクション、プロジェクトマネジメント
  4. ライティング(SNS中心)
  5. SNS運用(アクセス解析と改善)
  6. 制作プロデュース(Web中心)
  7. 広告企画(Wen中心)

他にも沢山あると思いますが、
IT中心にざっと挙げるとこんな感じです。

少々ハードルが高いスキルですが、上記IT系の7業種は常に人材不足でどこも人が足りていません。
足りて無いということは、市場価値が高いということです。

因みに、僕が過去に大手Web制作会社でデザインスキルを身につけ実績も作った後に、某3大携帯キャリアのグループ企業に転職しましたが、

そのとき給与は2倍(30万→60万)になっています。

スキルを身につけるってそういうことです。
更に人を育てることもできつつ、自分もプレイヤーとして働ける場合はかなり価値は高くなります。

スポーツ選手と同じです

今までの日本社会は、基本的に保証されていた全国総ぬるま湯社会だった訳ですが、
2020年以降はデスゲーム状態に突入します。

  • 人口減
  • 税収減
  • 職種によってはAIやロボット取って代わられる。
  • 労働人口可能人口と労働不可能人口の逆転

予測可能な未来をちょっと考えただけでもかなり厳しい。

今後日本がこのような状態になるのは、
ほぼ間違いないと思いますが、そのときに自分の力で仕事を勝ち取る準備が出来ていないと、GAME OVER間違いなし。

このブログで、食えるスキルを身につけようと口酸っぱく言っているのは
希少価値の高いスキルには必ずお金がつくからです。

打率が高いプロ野球のバッターと同じで、必ず高値がつきます。

つまり学習すれば生き残れる確立が爆上がりなので、
実は楽勝です。

やればいいだけなんで。

加えて、スキルは自分の資産になるので学習し続ければ失うことはないです。

まとめ

「働きたくない」とか、昔は僕も毎日考えていました。
ですが途中でマインド変えました。

ずっと働くと思うと憂鬱ですが。
目的意識を明確にしてスキルを習得するまでの踏み台にするということを目的とすれば、毎日が激変します

どうせ会社に長くいても保証されないのだったら、
いっそ考え方を変えて見てはいかがでしょうか?

今回はそんなお話でした。

ではまた。