仕事

起業=お金儲けではない

CEOのネームプレート

こんにちは、独立、起業、ラクガキブログの
コスダです。

今回は「起業=お金儲けではない」
というお話です。

いろいろなメディアを見ると、
どうも起業=お金儲けという構図が目につくのですが。

結論から言うと
「お金をモチベーションにするのは良いが、目的にすると失敗するかも」
ということです。

理由は簡単で、お金を目的とするのであれば
まずどこか会社に勤めながら、株式投資や不動産投資もしくは
ブログやSNSで広告収益を得る方が、絶対に安全です

会社(安全地帯)にいながらでも、
やり方次第で大金も得られます。

世の中、スタートアップのベンチャー企業が大成功して
持ち上げられている情報をよく見ますが、
これの何十倍も失敗して倒産している独立企業があるということを
忘れないでください。

なんのための起業なのかを考える

目的がお金でないなら、
僕の場合なぜ起業したのか?というと、

「命令されるのが死ぬほど嫌だったから」です。

マジ?そんなことで?
とか思う人もいるかと思いますが、
何故か僕は他人から指図されることが大嫌いでして。

特に根拠のない命令にはかなり反発していました。
いわゆる「会社のルールだから守れ!」みたいなやつです。

そのルールが合理的な内容で、明らかに
僕のほうがおかしい場合は従うのですが、
大抵は合理性に欠け、思考停止したルールでした。

そもそも、勤務時間もそうですし給与の換算方法も
全然納得いきません。

数社回ってどこも変わらない感じだったので、
結局独立したわけです。

今の本業はWebで、図らずとも一番得意な分野な訳ですが、
「Web業界の頂点とかを狙う!」から独立したわけではなく、
僕の目的は命令されずに済むからでした。

結果的に社内で命令はされていません。
それを望んだので、当たり前ですが。

つまり、そんなつまらない理由でも全然いいんです。

独立起業に意義、大義は不要

独立起業するときに、「大きな社会的意義」がないと
駄目だと思っていませんか?

世界に〇〇する企業

とか

社会に〇〇出来る企業

とかとか。
こういうステートメントを掲げる企業さん
は多いと思いますが、

これ別にあっても良いんですけど。
無くても問題ないと思っています。

何故かと言うと、モチベーションは
起業する本人の中にあればいい
からです。

世界に〇〇する企業とか社会に〇〇出来る企業とかって
言うのはいいですが、そんな会社世界中探しても
少ないんじゃないですかね?

つまりGAFAレベルの会社ってことなので。

このブログでもよく書いてますが、
「独立はした方が良い」
これは間違いないです。
だって、会社は大抵の中年社員に辞めてもらいたいので。

その続きの話で、
「独立起業にたいした意義なんか無くてもいい」
ということです。

極端にいうと、「生きるためとかでも全然良い。

「意義や大義が無いと失敗する」なんてのは迷信。
あっても失敗するし、無くても成功もする。

なので、独立起業について、
「意義がないから…」とかで悩んでいるのであれば、
無視して起業しましょう

自分の中での原因は考えよう

大義名分は必要ないと言いましたが、
独立起業について、1つだけ
意識しておいて欲しいことがあります。

独立する原因です。

例えば

  • 命令されたくない
  • 通勤が嫌だ
  • 人間関係が面倒くさい
  • 仕事の内容が嫌だ
  • 会社で不当な扱いを受けている( 早期退職を迫られた)

こんなことです。
他愛もないことですが、皆が毎日のように
考えていると思います。

例えば僕の場合は、独立の第1位の原因は
「くだらない命令をされていたこと」です。

お金を稼ぐというは大前提なのですが、
それが無くなるリスクを背負ってでも、
「くだらない命令をされるくらいなら独立する」
思っていました。

じゃあ、会社に居たかったが早期退職を迫られた人、
そもそも辞めたくはない人はどうすればいいのか?

そう思う人もいると思いますが、
その人の独立の原因は恐らく

  • 生きるため、生活するため、家族を養うため

ということになります。
消去法ですが、根源的で強い欲求です。

ぶっちゃけ
能動的に独立しようが、消極的に独立しようが
やることは一緒。

そこには何かストレスや不都合があり
それが原因で独立するわけです。

この原因を明確にしておくと、
独立起業して困ったとき迷ったときに
立ち返ることができます。

今大変だが、過去の状態に戻っても意味がないし、
自分で選んだ道なので先に進む以外ない。

という決心を支えてくれます

事実、僕も会社やっていて大変なことばかりですが、
あのくだらない昔に戻りたいとは
1ミクロンも思わない
ので。

まとめ

独立起業は、それなりに大変。
それでも楽しく仕事が出来る毎日を、
自分の意思で作り出すということです。

お金が生まれるのはその先の結果です。

仕事している時間は一般的に人生の
30%以上を占めると言われています。
膨大で、貴重な時間です。

これを毎日嫌だな…
と思ってやり続けるのが良いのか、
苦楽あれども楽しくやるのか、
どちらか選ぶのはあなたです。

独立起業はそのための手段です。

今回はそんな話でした。

ではまた次回