仕事

ネット時代なので状況がどうであっても生き残れます

こんにちは、
ラクガキブログのコスダです。

今回は「2020年以降日本の経済状況は更に悪化すると言われていますが、
ネット社会なので大丈夫です」
という内容です。

根拠はネットで仕事が出来る状況になったおかげで、
場所も国も関係なくなったということです。

日本がだめなら、他の景気のいい国へ移住すれば良いんです。
という単純な話かと思っています。

Webの仕事に絞って考えると、場所はほとんど関係無いといえます。
エンジニアであれば尚の事関係ないです。

つまり、ネット経由で完結するという仕事を生業とするならば、
場所という概念はすごく希薄になっています。

例えば営業職などの、人と合わないと成り立たない職業は
場所や土地に縛られてしまい、結果的に国の景気に左右されてしまうので、
そういう意味では不利です。

ネット環境で完結する仕事を狙おう

ネットで完結というと、どうしてもプログラムや
Web関連の技術的なものにフォーカスしてしまいがちですが、
よく考えると他にも沢山あります。

例えば、個人輸入業

基本的に自宅にいてもOKで、
まあ商品の発送などはあるにしろ、自宅で作業完結します。
海外に住んで、そちらでWebで仕入れて、Webで売ればOKです。

ほかにも、デザイナー、ライター、イラストレーター、翻訳家、経理
などなど、よく考えれば 沢山でてきます。

もうWebで完結する職業の方が多いかもしれないですね。

ただ、この中でも単価の高い低いはあるので、
何を習得するのかは良く考えてください。

学習コストが高いほうが、仕事としての価値が高いので、
単価も高い傾向があるということを意識してください。

このあたりの話って、個人的には今の子供達にも絶対にした方が良いと思っています。
もう社会に助けを求めるのは無駄なので、職業、場所や国さえも自由に考えて
行動するべきです。

常に先を考えながら働こう

Webで完結する仕事を狙おうといお話をしましたが、未来のことは誰にもわかりません。

ただ、わからないなりにも、短期的に予測可能な絶対的未来というのがあります。
例えば、

  • 日本の人口は減る
  • 終身雇用制は崩壊する
  • 年金はもらえない

上記のようなことです。

詳細な数字などはわかりませんが、
まあ方向性としては間違っていません。

仕事も同じで、例えばクリエイティブ関連で
フリー仕事をしている場合ですが、僕の知っている限りでは

40歳を過ぎた頃から仕事は減ります。
50歳くらいには特別な強みがないと、かなり厳しい

このような状況があります。
こうなってしまうのはいくつか条件があります。

  • ずっともらい仕事をやっていた
  • TwitterなどのSNSでの発信力を持っていない
  • 自発的な活動をしなかった
  • 汎用性、対応力ががない

以上3点が大きな原因です。
上記を深掘りすると

ずっともらい仕事をやっていた
簡単に言うと状況に甘んじていたということですが、
例えば発注側の企業担当者は、年寄りとは仕事したくないですし、
企業担当者の方も若い人になったりするので、まあそういうことです。

SNSでの発信力を持っていない
フォロワーがいるということが強みになり得る時代です。
例えば5万人くらいフォロワーがいればその本人自体がプロモーション機能も
持っているということになるので、強力な武器となります。

自発的活動をしていない
社会貢献的な活動や、つまり他の人にも有益な行動は、
エネルギーも必要とするので大変ですが、
社会的意義も高いので、人や仕事は自然と付いてきます。

汎用性、対応力ががない
例えば今現在の状況だと、「紙のデザインしかできないデザイナー」
かなり状況厳しくなることが予想されます。
当然、Webやアプリのデザインも出来るべきです。
1つの武器で洗浄に赴くようなものです。

つまり、わかりきった未来はちょっと考えれば誰にでもわかるので、
先読みして弱点を潰しましょう
というお話です。

まとめ

Webを基準に考えるのは短期的なスパンで考えれば、
間違いない絶対的な未来です。

ただ、それでもまだまだ先は長いので、
常に状況を見極めて先を予測して行動すれば
未来は怖くないというお話でした。

今回は以上です。

ではまた。