仕事

失敗ばかりですがそれが当たり前です

こんにちは、
ラクガキブログのコスダです。

今回は「こんなブログ書いていますが、はっきりって失敗ばかりです」

という記事です。

プロフィールにも書いてありますが、
こんな僕でも一応2つの会社を経営しており、
多角事業展開するなどまあ色々やっているのですが、

ここに来るまでには失敗続きでした。
それどころか、未だに満足だなと思うことが1つもない。

メインのWeb制作会社はもう7年やっていて、
一応連続で売上1億突破しました。

ちなみに、10人程度の制作会社で売上1億は正直悪くはないが普通。

ボードゲームカフェはやっと色々手を加えて、
経営的に試行錯誤した結果、どうにか赤字にはならない程度には到達。
安定してきてはいますね。
会社のプロモーションとして機能し始めています。

独立支援機構という会社は、
これからなので、全く未知数ですが、
時代が味方してくれているので楽観視しています。

とまあ、こんな具合で別に全体的には普通。
特別うまくはいっていません。

でも大丈夫です、生きてます。

思いっきり頑張ると助けてくれる人たちがいる

なんだかオカルトチック話で恐縮なんですが、
リスクを負って行動すると、助けてくれる人が現れるんですよね。

自分なりに分析したのですが、
大きく2パターンの人に別れます。

  1. 独立などの羨みつつも、自分は出来ないのでせめて応援はしよう
  2. 既に独立起業で成功している人

僕の場合はこの2パターンです。
どちらもありがたいですし、僕も助けられました。

そもそも失敗のリスクはあるので、
足を引っ張ろうとする人はあまりいません。
まあ「危険だからやめなよ」という人はいましたが。

いても無視すればいいだけのことです。

なので、独立起業する場合はなるべく沢山の人に
アナウンスする方がいいと思います。

自意識過剰の人多いです

独立の話や、新規事業の話とかをすると思った以上に自意識過剰の
方が多いなと感じます。

まず失敗のことを考え、その時恥をかくのを恐れて、
結局何もやらない人って結構います。

正直言って人の目は全く気にしなくていいです。
というか、こちらのことなんて全く見てない。

ひっそりと独立しようなんて考える方がリクスが高いですし、
失敗したところでその事実が残るだけなんで、
何も怖がることは無いです。

成功するまでチャレンジすればいいと思っています。
かく言う僕も、まだ過渡期です。

失敗は行動したことの証拠なので、
むしろ誇るべきです。

何もしないで安全地帯から文句だけ言ったり、
批判を繰り返すような人たちは置いていったらいいと思います。

ちなみに、今の日本ではその人達がいる安全地帯は
時間制なので、そのうち非安全地帯になります。

生き残るのは行動した人だけです。

まとめ

僕も失敗続きですし、これからも失敗するでしょう。
でも、行動することはやめません。

行動しないで「ほら、やっぱり失敗したw」とか
言っている人は無視して、先に進みましょう。

ブログを書き始めたのも行動の1つです。
何事もやってみないとわかりませんので。

今回はそんな記事でした。
ではまた。